カノンはじめの「隠れたところもあまねく照らす」

祈祷師の下で事務員をしていた時に見た世の中の裏側や、バンパイアと暮らしていた時のこと、その他スピリチュアルなことやヒーリングなどについて主観的に綴ったブログです。

怖いけど気を取り直して

お店や道端で小耳にはさむ話が

本当に怖い。

 

接種をしたらしい、アラフィフくらいの女性2人の会話で

1人が、針が刺さってから薬剤が注入される時、形容しがたい違和感があり

とても嫌なものだったと言う。

 

うわー、嫌だ・・

 

さらに、ある会社内で同僚同士の会話。

おそらくシニア対象の派遣会社からの派遣員で、年齢は60代後半から70歳くらいだが

「今朝目が覚めたら、すごい目眩だったんだよ・・」

 

接種したかどうか定かではないが、このくらいの年代の方は、まず間違いなく接種されていると思う。

 

う〜ん・・

 

皆さん、そういったことがありながら、自分に鞭打つかのように接種されているようだった。

 

そしてある知人。

 

1回目はほとんど反応がなかったが、

2回目はすぐに気分が悪くなり

翌日は起きていられないほどだったが出社し

ほとんどパフォーマンスは期待できず

帰宅すると食事もできず倒れるように寝込まれたとのこと

 

怖すぎる・・

 

グレートリセットのためのワクチン、という説もあり

接種した方のなぐさめになるとは言い難いが

このワクチンにも全然平気、と言う人がいないとは言えないとも思う。

 

 

どんな事象にも例外というのはあるような気がする。

 

進化して、キメラ的変貌を遂げる人種があるかもしれない。

 

おそらくそれは、従来の人類とは違うとも思うが。

 

 

 

ウイルスは恐れていない。

 

 

でも、人は怖い。

 

本当に怖い・・

 

 

いや、気分を取り直して。

 

 

接種していない人でも、ワクチンによるタンパクからの影響はあり、

どの程度大丈夫なのかはわからない。

 

 

接種済み、非接種でタンパクの影響に晒されている人

共に

 

ビタミンC

ビタミンD

亜鉛

Mg

セレン

 

その他には

 

ヨウ素

ケルセチン

フラーレン

PQQ(ピロロキノリンキノン)

ゼオライト

 

などが有効と聞いていますが

日本人はヨウ素取り過ぎの人もいるので

中学生より上の人は必ずしもあらためて取らないほうがいい気がします。

 

欧米人は海藻を食べないのでヨウ素が必要だったりしますが

日本人はすでに食べ過ぎで甲状腺が腫れている場合が、特に女性は多く

 

これは単なる予想で実際のところはわかりませんが

欧米人がワクチンで発熱せず、日本人は発熱しやすいというのは

単に接種量が多すぎる関係と、ヨウ素の取り方に関係しているのでは?

と思ったりもします。(真に受けないでください)

 

同じものを採っても、必ずしも人と同じ結果が出るわけではないので

自己観察を続けながら試していただければと思います。

 

イベルメクチンが有効ともいわれていますが

こちらは医師の処方がなければ手に入らないと思います。

 

一週間水だけで断食が効くという人もいますが

医師のサポートなしの長期の断食は危険です。

腎臓が弱い人は塩分が少ないことでショック状態になることもあるそうです。

 

私自身は

 

亜鉛

ゼオライト

PQQ

 

などを採っていますが、とりあえず出血の方は落ち着いています。

希望を捨てずにやっていきましょう。

 

 

 

 

 

 

 

地球への光の勢力の介入を許可する

署名と瞑想のご案内です。

 

スピリチュアルな内容ですが、署名は12月21日まで。

瞑想は日本時間12月22日水曜日の午前1時に行います。所要時間は20分程度。

 

多くの方のご参加、ご協力をお願いいたします。

 

https://ameblo.jp/cobrameditation/entry-12710547816.html

 

https://paradism.hatenablog.com/entry/2021/11/petitions-for-planetary-liberation-now/

 

ふゆもも @HARCOURT 六本木 パステル画展示のお知らせ

こんにちは。

もう11月に入ってしまいました。

 

ふゆもも @HARCOURT 六本木

パステル画展示のお知らせです。

f:id:kanon-hajime6681:20211108123533j:plain

 

会期 2021年11月1日(月)~12月29日(水)

会場 HARCOURT

  106-0031 港区西麻布14 三保谷ガラスビル1階

(西麻布交差点と六本木交差点の間にあります。)

 

 

営業時間17時~L.O.24時 日祝休(予約による営業)

ランチ営業 火・水・木11時30分~14:00L.O.

 

状況により営業時間は変更されますので、お問い合わせください。

 

会場はレストランのため、ご飲食のオーダーをお願いいたします。

イタリア料理の美味しいレストランバーです。

おすすめはラザニア、リゾット、ラムロースト、季節の有機野菜のグリルなど。

 

 

大変申し訳ありませんが、作者は常駐しておりませんので、いらっしゃる時はご一報いただけますとありがたいです。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

f:id:kanon-hajime6681:20211108123845j:plain

 

要経過観察

月はじめ、叔父の容体が難しいと聞いて、福岡に行っていました。

 

7月に電気ショックで持ち直し、来なくていいと本人から聞いていたのですが

 

呼吸がしづらいとのことで、急遽向かいました。

 

何でも心臓の弁が機能していないらしく、手術ということになったのですが、

 

実際には思ったより元気で、一人で散歩に出るくらいでした。

 

さらにはヒーリングまでしてくれて(叔父はヒーラーです)

 

逆じゃないのか・・でした。

 

結局手術は成功し、胸の骨を切るような大手術で、2週間後に退院しました。

 

 

それより、母の方が様子が明らかにおかしくなっていました。

 

7月のお盆までは普通でしたが

お彼岸には、いつも来ていたメールの返事が来なかったので、おやっと思いました。

 

もの忘れも、80を過ぎているので多少はありましたが、つい今の今まで話していた内容を忘れて繰り返し聞くことが目立っていました。

 

今回の出発時、前日まで武蔵小杉からリムジンバスに乗ると話していたのですが、当日急に田園調布経由で路線バスで向かうと言い出しました。

 

もちろんその行き方もなくはないですが、時間がかかります。

 

そのため18時半の便でしたが、14時半に自宅を出たらしいです。

 

なんとなく無事着くような気がしたので、任せたのですが

 

実際には武蔵小杉がわからなくなってしばし元住吉と新丸子を往復した後、多摩川線で蒲田まで出て、そこから京急蒲田までタクシーに乗り、空港線で着いたのです。

 

ボケているのかいないのか、よくわからない展開でしたが、やはり異常だったとは思います。

 

多摩川から蒲田までの線を、私のようにまだ目蒲線と言ったりはせず、多摩川線というあたりはしっかりしていると思うのですが、

 

そんな感じで福岡にいる間じゅう、挙動不審でした。

 

帰りは私の最寄りまでのリムジンバスの便がなかったので、一緒に武蔵小杉までのリムジンバスを使いましたが

 

なんと武蔵新田や田園調布経由で

時間帯も17時過ぎの帰宅ラッシュ時になり

田園調布まで昔の路線バスと同じく1時間以上かかるという有様で

 

昭和45年のままという悪夢の中にいるようでした。

 

武蔵小杉駅前で母とは別れ、心配だったので遠巻きにしばらく見ていましたが

 

私が最寄りに着くよりずっと早く、帰宅したという連絡が来たので、帰りは迷わなかったようです。

 

その後、叔父の手術成功の知らせが来ると、挙動不審は治まりました。

 

10人いた兄弟の内、残るのは母と叔父だけで

その叔父のピンチでショック症状を起こしたのかもしれません。

 

ただ、思うに今年の5月、歯の調子が悪くなり、よく噛めなくなっているのです。

 

さらには母以外の周囲の人が、全員接種済みで、その人たちの排出するスパイクタンパク質の影響もあると思います。

 

うがった見方をすれば、叔父の容体変化も

もしかしたらスパイクタンパクの影響かもしれません。

 

実は叔父はある宗教施設でヒーリングをしており、その宗教はワクチン接種はことごとくNGとしているので、家族全員未接種です。

 

なのでそのお宅にいる間、大変快適でした。

 

輸血などもNGだったので、兄弟への輸血も拒んだ時は少し疑問も感じましたが、この時は心から和解できた気がしました。

 

今まであまり親族に対して、心理的な接点も少なかったように思うのですが、

 

なんとなく繋がりが得られたような気もしました。

 

そのようなわけで、叔父、母ともに

要経過観察です。

 

 

「おばあちゃんの知恵」復活を

10月に入りました。

 

先日、ある喫茶店に行った際、例によって入り口で消毒を勧められましたが

「自分のでいいですか?」

と持参した消毒液を吹いていたら

 

「こちらのでも消毒していただけますか?」

と、お店のアルコールを使うよう言われました。

 

持参したのを使えば、そう言われることはまずなかったのでビックリしました。

 

 

なんというか、結構衝撃でした。

 

それで、アルコールアレルギーで使えないと伝えたら、ようやく諦めてもらえました。

 

それだけ感染を恐れているということなのかな、と思います。

 

 

わりと年配の女性が1人で切り盛りされているようだったので

自分で守るしかない、という感覚なのかもしれません。

 

私がその店に入るのは2回目でしたが、ほとんど見も知らぬ人が突然入ってくるわけですから、警戒しても無理はないのかもしれません。

 

でも、正直手をアルコール消毒したからと言って、気休めでしかないようにも思います。

 

もう年配の人であっても、信じているのは抵抗力よりアルコールになってしまっているのでしょう。

 

古くから伝わる知恵ではなくて、西洋医学

 

「おばあちゃんの知恵」は、廃れてしまいました。

大家族が廃れて、核家族に移行したように。

 

年寄りの冷や水」的な部分もあったかもしれないけれど

薬に頼らず、自分の治る力を信じて、身近なもので乗り越えられるよう助けていく。

 

もちろん、明らかに病院に行かなければならないような緊急事態は別ですが

病院に行くまでもないような症状はそれでケアする。

 

また、病院に行って検査しても、「特に異常はない」と言われるような状態は、それでないと改善されないこともあります。

 

今はすぐ病院に行けてしまうし

行かなきゃならないと思ってしまうんでしょうね。

 

他に方法を知らないから、病院に行かざるを得ない。

 

 

インフルエンザくらいなら、自宅でそのまま寝ていれば

熱が出て勝手に治ります。

 

インフルエンザで病院に行くのは日本人くらいと言われています。

 

私も、熱が出たら動けなかったから、寝ているより仕方ありませんでした。

 

 

と言いつつ3日3晩熱が出たので、熱が下がった時点で病院に行ってみたらインフルエンザA型で、ついリレンザを使ってしまいました(笑)

 

 

コロナについては未知だから、余計怖いんだとは思いますが

ある程度体調を整えておけばやりすごせると思います。

 

自分で、整えられるんです。

 

 

今日、ある食品のCMで

免疫力を調整できると言っていましたが

 

そして出演されている某タレントさんが

「免疫力を自分でケアできるんだね」

的なことも言われていましたが

 

家や学校ではそうした話も出て来ないということなのかな。

 

CMで言ってもらえば、みんな聞きますね。

 

 

自分である程度、病気にかかりやすさがコントロールできるとわかれば

それほど感染症を恐れずに済みます。

 

もちろん、年配の方の方が重症化するリスクは高いようですから

恐怖が強くなるのは仕方ないのかもしれません。

 

でも、もうちょっと昔のお年寄りは

病気に関して腰が据わっていた気がします。

 

山間部とかでは

もっと様々な言い伝えがあったように聞いていました。

 

そこには自然の叡智がありました。

 

 

病院を頼るようになったことで

そうしたものを捨てていったのでしょう。

 

 

自然より偉大な医師はいないのです。

 

自分の自己治癒力、抵抗力、免疫力以上に強い防御など

ありはしないのです。

 

お医者さんが守ってくれるわけじゃないのです。

 

まして、マスクやアルコールが守ってくれるわけじゃありません。

 

代替医療に従事されている方は、その辺りのことをわかっているから

それほど恐れないし、予防接種をむやみに勧めたりもしません。

 

まあ、どんな人にも何かしらの恐れはあると思います。

 

病気が怖くなくても、飢えることが怖いとか、お金や仕事や信用を失うのが怖いとか、それぞれあると思います。

 

私もそうです。

 

やっぱりお金がないことは、ハンパなく怖いのです(笑)

 

 

この状況、いかに自分を信じられるかが問われているような気がします。

 

 

今日思ったのですが、この状況は、自分が呼んでいるのでしょうから

この状態も、まさに自分が望んだことと言えます。

 

自分でシナリオを書いているのですから、全て想定内ということになります。

 

だから、信じて見ていればいいのだと思うようになりました。

 

なかなかそうは思えなかったのですが、たぶん大丈夫なのでしょう。

 

 

 

とんでもないことになっても、自分が望んでいたことなのでしょうから。

 

魂的には喜びまくっている、ということになります。

 

 

よく、「プロセスを楽しむ」と言われますが、映画でも見るように

わくわくしながら見ていればいいんだと思います。

 

 

ということで、なるべく心配は止めます。

 

心配は、おそらくしてはいけないのです。

 

 

先の喫茶店のママですが、実はその日、すでに閉店してしまったその系列店内で撮った写真を表紙に使ったZINEを作ったので、お渡ししたいと持参したのでした。

 

でも、

「その店にもこの店にも私は無関係なのでわからないし、お受け取りできません」

ということでした。

 

 

前回確かその方は、閉店した方の店についても懐かしそうに語られていたと思ったので、もしかしたら喜んでいただけるかと思ったのですが、大変残念でした。

 

コロナの懸念ある中、私の取った行動は非常識だったのでしょうか。

 

素敵なお店だと思っていたのですが、この状況では無理なこともあるのかもしれません。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

===============

民間伝承的な、体を整えるちょっとしたアイデアをオンラインでシェアしています。気軽に遊びに来てください。

 

お金も時間も節約でき、副作用ナシ、一生使えるアイデアです。

揃える材料は1000円以下で、体質改善して繰り返す不調を根本的にシャットアウトします。

 

こちらのリンクからの登録で、1000円分のクーポンがゲットでき、実質無料で参加できます。

 

aini《オンライン体験》ビネガービデや簡単なアイデアで、膀胱炎・腟炎予防を!

 

 

https://helloaini.com/travels/20734?prcd=29JN

 

 

 

 

 

 

 

地中の生物が出てくる謎

ここんとこ、コロナ関係の給付金申請などなど、テンパっておりました。

収支報告書など、初めてMacExcelを使ってしまいました。

 

他の件でもExcelを使う必要に駆られ、覚悟を決めてやっと手をつけた次第です。

 

Excelは仕事で使っていた時期もありましたが、ちゃんと使えません(汗)

テキトーに行き当たりばったりであしらってきただけです。

 

 

ところで先週お会いした方々とお話しして受けた印象ですが、

 

「今年はゴキブリが多い」

ようです。

 

私の場合、去年は入居1年目だったので

害虫駆除の効果が続いていたけれど、今年は2年目なので効果が切れたのではないかと思っていたのですが、

 

昨年がほとんどゴキブリを部屋の内外で見なかったのに対し

今年はとうとう部屋の中に出ました。(汗)

 

春先から生まれたばかりのゴキブリがそこかしこに出てきてはいたんですが

 

なんと先月、風呂でふと気づいたら

私の足の甲に中くらいのサイズのヤツが乗ってましてよ(笑)

 

でも、出ないとタカをくくっていたので、エアゾールも何も持っていなかったんです。

 

それでわずかに残っていたシャンプーをかけてみましたが

命中もしなかったようで、どこかに去っていきました。

 

でもその翌々朝、別の部屋のカーテンを開けてベルトで止めようとしたところ、

ベルトの下から、先日出たのと思しきヤツが現れたんです。

 

その時はもうエアゾールを買ってあったので、吹き付けたら動かなくなりました。

 

 

ところがまた翌週、同じくらいの大きさのヤツが

朝サッシを開けたところ、ポトンと落ちて来ました。

 

またエアゾールを吹いたところ、その勢いで外に吹き飛ばされてさようならしました。

 

 

さらに月後半には、同じ階の階段のところに

よく育ったのが(成虫)居やがりました。

 

その翌週にも拙宅の入り口付近にいたので

部屋に入らないよう、急いでドアを閉めて内側からドアのすき間にエアゾールを吹き付けました。

 

 

先週弟に会ったところ、まさに同じような状況があったことを聞かされました。

 

弟は越して来てから一度もゴキブリが出ていなかったと言っていて、

私が遭遇するのは、私の思い込みにより引き寄せている的なことをいつも言っていました。

 

その弟も、実に入居14年目にして遭遇したのです。

 

先週会った人も、「風呂場とか、食べ物とかがないような場所で出くわす」と

言っていました。

 

「排水管を上ってくるのかしら?」

と、言われていましたが、おそらくそうでしょう。

 

 

どう影響するのかはわかりませんが、なんとなく接種が関係しているように思います。

 

接種者、またはその影響を受けた非接種者が風呂で流したものが

下水に流れ込み、そこから逃げようとしたのではないか・・

 

と、勝手に想像します。

 

その想像が正しいなら、私たちが流したもの、たんぱく質には

彼らにとってあまりありがたくないものが含まれている、ということになります。

  

 

一方、7月くらいですが、買ってきた切り花があっという間に枯れていました。

 

 

それはおそらく接種した人の出す呼気とかにやられているのではないかと思います。

 

 

私の鼻血がひどかった頃、部屋にあったミントが

それまで何度か枯れそうになっても奇跡の復活を遂げていたのに、あっさり枯れてしまったからです。

 

接種した人がいない部屋でも、私が影響されていたからだと思います。

 

 

ミントはハーブで、想像を絶する強さなので、庭に植えておくと席巻しまくって大変だから植えてはいけないと聞いたことがあります。

 

最近はまた少し切り花の持ちが回復してきたように思います。

 

ヨガの先生は、

「弱毒化しているから」

と言われましたが、たぶんその通りだと思います。

 

 

また今月始め、めずらしく家の前にヘビなどが死んでいました。

 

検索したところ、おそらくマムシです。

 

この界隈に越してきて四半世紀ですが

このようなことは初めてです。

 

近辺にヘビがいるという話は、以前から聞いていました。

 

またほぼ同時期に、ここからは少し離れた場所ですが

ヘビが玄関先にいたとSNSに書いていた人がいました。

 

 

なにか、天変地異に近いことが起きているような気もします。

 

 

そういえば7月、久しぶりに銀座でネズミを見ましたね。

 

銀座はゴーストタウンのようですから、人がいなくて出てきたのかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

相変わらずわからない

相変わらずわからないことが続いている。

 

同年代でも接種済みの人が増えた。

 

絵描きでも接種している人は多く

先日のワークショップでは、おそらく接種していないのは私だけだったのではないか。

 

絵描きの中でも私だけ異端という状況が訪れるとは。

 

 

スピリチュアル方面の人はどうなのか、最近ご無沙汰なので状況がつかめない。

 

代替医療系の人は受けていない人が多い感覚がある。

 

 

で、私の方は、

とりあえず鼻血は止まった(笑)

 

それとほぼ同時に

右ヒザの痛みも

左足甲の痛みも消えた。

 

頭痛と下腹部痛と

背中の腎臓あたりの痛みがたまにあるが

 

おそらく貧血が解消した時点でかなり軽減した。

 

いや、鉄剤をやめたら軽減したと言った方がいいかもしれないが、断定はできない。

 

飲食業の方もかなり接種されていると思うが

客にも多少影響する気がする。

 

しかしどちらかといえば

アルコールによる目の痒みの方が効く。

 

 

影響あったらあったで心配だが

 

なくても接種済みの人と同化してしまったのではないかと危惧する。

 

やはりA=Aバーなのでは・・

 

まあ接種のように高熱は出ないだけいいのかな・・

 

で、鉄剤を止めたのは

ヨガの先生から「今の時期は良くない」と

聞いたからなのだ。

 

その3日後

ドイツで魔女をしている(!)方からも

体にかなり負担がかかると聞いた。

 

結局ヨガの先生から

鉄とかコラーゲンが取れるウェハースを勧めていただき、気がついたら痛みが弱くなっていた。

 

その間、腕がまた今年前半のように痛くなって

3日ほどで治っていった。

 

 

関節とかに損傷があったとしたら

こんな急激に治るわけはないと思うので

 

一時的に入った毒素か

気のもつれだと思う。

 

バスに乗ったりすると

接種済みの人が多いようなので

頭は痛くなるけれど

 

以前のように就寝するまで頭痛に悩まされることはなくなった。

 

もう、何がなんだか。笑